お知らせ

十日町市の出来事や暮らしの情報

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 十日町市の地域おこし活動
  4. 新潟県十日町市 小さなムラの大きなものがたり『スーパーマーケット「ふれあい浦田』

新潟県十日町市 小さなムラの大きなものがたり『スーパーマーケット「ふれあい浦田』

新潟県十日町市にUターン・Iターン・移住を考えている人に、十日町市の地域活動をご紹介

 

新潟県十日町市・浦田地区には、地域住民の「買い物難民化」を阻止するために、『日本で最初の住民が設立したスーパーマーケット』があります。

地域おこし協力隊として、浦田地区で活動している宇野央展さんに、スーパーマーケットの取り組みについてお話を伺いました。

地域おこし協力隊浦田地区担当 宇野央展(ひさのぶ)さん

 

「買い物難民化」を防ぐことから始まった、地域密着型サービス

浦田地区の「ふれあい浦田」は一見普通のスーパーマーケットですが、実はここは『日本で最初』という触れ込みがつく、大きなものがたりがあります。

過去、浦田地区には農協が運営する「Aコープ」があり、住民の生活を支えていましたが、9年前に撤退しました。

このことに、地区住民は買い物難民化への危機を募らせました。

そして考え抜いた末、自分たちが出資をした店舗を経営する話が持ち上がり、こうしてふれあい浦田は、『日本で最初の住民が設立したスーパーマーケット』になったのです。

 

このスーパーマーケットでは品物の配達、買い物客の送迎といった地域密着型のサービスを行っています。

毎週土曜日には十日町市松代室野地区へのバス送迎を行い、店内では地元のお母さんたちがボランティアでお茶や手作りの惣菜でもてなすなど、経営を盛り上げます。

また、昨年から移動販売車を導入。

見回り活動も兼ね地区を巡回し、販売も行います。

 

これからも、ふれあい浦田は地区の生活を支えるため、皆さんとともに頑張っていきます。

 

移動販売の様子。住民の生活を支えるため、各集落に商品を届けます。

移動販売車は冷蔵機能完備で、真夏でも鮮度を保ち食品を運ぶことができます。

ほかの地域からの買い物客のため、バス送迎サービスも行っています。

毎週土曜日には、地区のお母さんたちがボランティアで買い物客をもてなします。

 

宇野隊員のコメント

移動販売車は浦田地区だけではなく、十日町市内の室野地区・蒲生地区などでも販売を行っています。

私もお手伝いをしていますが、お客さんから感謝されることが多く、やりがいを感じています。

移動販売やお買い物バスを利用したい人、自分の地区にも来てほしいという人は、「ふれあい浦田」(☎025-596-3143)までぜひご連絡ください。

関連記事