お知らせ

十日町市の出来事や暮らしの情報

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 仕事の情報
  4. 新潟県十日町市 令和2年度「地域おこし協力隊」の募集
新潟県十日町市地域おこし協力隊募集

新潟県十日町市 令和2年度「地域おこし協力隊」の募集

 

『新しい感覚で「古き良き」を大切にする、現代アートと雪のまち』
新潟県十日町市で活動する地域おこし協力隊を募集!!

 

新潟県十日町市地域おこし協力隊

新潟県十日町市では、令和2年度委嘱の隊員を募集しています。

全国トップクラスの地域おこし協力隊の受入実績と定住率を誇る新潟県十日町市。

これまでに新潟県十日町市では、Uターン・Iターン・移住をして地域おこし協力隊として多くの人が活躍してきました。

 

 

「子どもたちからお年寄りまでみんなが笑顔で暮らし、それぞれの夢や希望をかなえることのできる」

新潟県十日町市がそのような場所でありつづけるために、地域住民と共に活動をする志を持った新しい協力隊員のご応募をお待ちしています。

 

令和2年度委嘱のための応募期限は、令和2年8月31日(必着)です。

※随時選考を行うため、委嘱可能な枠が埋まった場合はその時点で募集を終了となりますのでご了承ください。

 

 

経験豊富な地域おこし協力隊受入団によるサポート

新潟県十日町市では、地域おこし協力隊としての活動開始までのサポートを一貫して、スタッフ全員が移住経験者で構成される地域おこし協力隊受入れ団体『(一社)里山プロジェクト』が担当します。

地域おこし協力隊制度に関する相談から、実際の応募まで親身にサポートいたしますので、お気軽にお問合せください。

一般社団法人里山プロジェクト 十日町市地域おこし協力隊募集ページ

 

 

募集地区と募集人数(2020年1月現在)

現在の新潟県十日町市は、2005年に「十日町市」「川西町」「中里村」「松代町」「松之山町」が合併し誕生しました。

個性溢れるそれぞれの地域に各々の魅力を持つ地区があります。

新潟県十日町市の地域おこし協力隊は、地区からの要望に基づき配置されます。

現在募集をしている地区は次のとおりです。

 
十日町地域(4地区募集)

東下組地区 吉田地区 水沢地区 飛渡地区

 
川西地域(1地区で募集)

小脇高倉地区

 
松代地域(3地区で募集)

峰方地区 峠地区 蒲生地区

 
松之山地域(2地区)

布川地区 浦田地区

※募集地区は、地区側の必要に応じて追加になる場合があります。

 

 

募集要項

活動の概要

十日町市地域おこし協力隊の隊員は、協力隊による活動支援を要望する地区に対して、次のような支援活動を行う。

  • 農作業及び関連する事務の手伝い(農地管理支援、交付金事務など)
  • 道路や水路の修繕など集落の共同作業支援
  • 地域行事の企画・運営支援、伝統芸能等の継承支援
  • 都市との交流事業など活性化事業の支援(農産物の加工や販路確保など)
  • 環境保全活動支援(不法投棄や山野草の乱獲防止パトロールなど)
  • 生活支援(通院・買物の移動サポート、高齢者の見守りなど)
  • その他、地域が必要とする取組に対する支援

 

委嘱条件、方法及び期間

十日町市地域おこし協力隊の隊員は、次の(1)〜(6)の条件を満たす者のうちから、市長が委嘱する。

※年度ごとの委嘱とし、最長3年まで更新する場合があります。

(1) 都市地域在住で、地域おこし協力隊の活動期間中、十日町市に住民票を異動することができる人

※「都市地域」とは下記に記載のある条件不利地域を除く地域のことを言います。

「条件不利地域」とは次のA~Gいずれかの対象・指定地域を有する市町村をいう。
A.過疎地域自立促進特別措置法(みなし過疎、一部過疎を含む)
B.山村振興法
C.離島振興法
D.半島振興法
E.奄美群島振興開発特別措置法
F.小笠原諸島振興開発特別措置法
G.沖縄振興特別措置法

(2) 地域住民と協力し、誠実に地域おこし活動に取り組むことができる人

(3) 普通自動車免許を有し、日常的に運転している人

(4) パソコンの操作(メール送受信、ワープロ及び表計算)ができる人

(5) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でない者

(6)募集地区とのマッチングに参加して、地区関係者の皆から人柄を認められ、協力隊に着任して地域支援活動に従事することを希望されている人。

 

雇用条件、雇用方法及び雇用期間

※十日町市は、地域おこし協力隊員の活動を適切に管理できると認める事業者(以下、管理事業者という。)に業務委託し、管理事業者を十日町市地域おこし協力隊事業の事業実施主体と位置付けます。

市の委嘱を受けた十日町市地域おこし協力隊の隊員は、管理事業者と雇用契約を交わして、地域づくり活動に従事する。

雇用条件及び雇用期間は、雇用契約書の内容による。

年度ごとの雇用とし、最長3年まで更新する場合がある。

 

募集人数

若干名

 

雇用の概要

十日町市地域おこし協力隊の隊員は、管理事業者の社員として雇用される。

※地方公務員としての身分は付与されません。

 

契約種別

有期雇用契約(更新の有無:更新する場合があり得る)

 
雇用期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

 
就業場所

配置地区を所管する支所又は公民館など

 
業務内容

地域事業補助業務

※業務内容は、配置される地域ごとに異なり、管理事業者が地域の要望を汲み取って示します。

 
勤務日

月曜日~金曜日(ただし、国民の祝日及び年末年始を除く)

※勤務日以外の日に業務が入る場合があります。

 
勤務時間

標準勤務時間:9:00~17:00、うち休憩1時間・3ヵ月単位のフレックスタイム制(7時間×所定日数)

業務の必要に応じて5:00~22:00の囲で調整。

時間外勤務は原則なしとするが、必要に応じて有。

 
休日

土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12/29~翌年1/3)

ただし、業務の都合により休日を振り替えることができる。

 
有給休暇

雇用契約開始日に12日(※1年契約の場合)を付与

 
賃金

基本賃金:月額160,000円冬季暖房補助:2万円×4ヵ月分(年1回支給)

 
費用弁償

住居の確保に要する費用(実費。上限3万円/月)

車両の確保に要する費用(実費を按分。上限3万円/月)

※公私の利用率で按分する。計算方法は雇用契約書に定める。

 
貸与備品

パソコン1台、wi-fi端末1台

 
社会保険

厚生年金、健康保険、雇用保険及び労災保険に加入

 
その他

副業は市(委嘱者)が認めた場合、可

 

 

マッチング兼現地体験

※「マッチング兼現地体験」は十日町市地域おこし協力隊の隊員への応募にあたって必須となります。

「マッチング兼現地体験」の希望者は、十日町市役所企画政策課(協働推進係)へお申し込みください。

 
「マッチング兼現地体験」の種類(①②のいずれか選択すること)
①おためし地域おこし協力隊

【体験期間】2週間程度

【活動内容】「十日町市地域おこし協力隊」とほぼ同じ

【活動経費】自費。※現地滞在手当(4,000円/活動日)あり

【宿泊費】不要。※光熱費・食費は請求される場合あり

 
②協力隊体験プログラム

【体験期間】1泊2日~2泊3日

【活動内容】お茶のみ、集落行事の手伝いなど

【活動経費】自費。※十日町駅から現地まで送迎あり

【宿泊費】自費。※手配が必要な場合は、申し出ること

 

「マッチング兼現地体験」の申込 必要応募書類・提出方法

下記の書類を十日町市役企画政策課(協働推進係)まで郵送又は持参してください。

  1. マッチング申込用紙(指定様式)
  2. 履歴書(市販のもの)
  3. 住民票1通(応募申込月日から起算しておおむね1か月以内のもの)

十日町市以外の市町村で地域おこし協力隊として2年以上活動し、解嘱から2年以内の人については、上記の書類に加えて、市町村が証明した活動期間を明らかにする書類(任意様式*)となります。

※応募書類は返却できません。

※履歴書等の書類は、応募者の了解が得られた場合には、事前に配置希望地区の世話人等に公開をします。

 

十日町市役企画政策課(協働推進係)

〒948-8501
新潟県十日町市千歳町3丁目3番地
十日町市役企画政策課 協働推進係
電話:025-757-3693(直通)
E-mail:t-kikaku@city.tokamachi.lg.jp

 

「マッチング兼現地体験」申込受付期間

通年で受付

 

 

選考方法

「マッチング兼現地体験」の最終日に「十日町市地域おこし協力隊の隊員」の応募のための応募用紙を配布します。

「マッチング兼現地体験」を受けて、新潟県十日町市の地域おこし協力隊への着任を希望する人は、十日町市役所企画政策課(協働推進係)に応募用紙を提出してください。

 
第1次選考(書類選考)

マッチングの結果から合否を判定する。1次選考通過者には2次選考の日程を案内する。

 
第2次選考(面接選考)

管理事業者(予定業者)同席の上で、個人面接選考を実施。

選考結果は、実施後2週間以内に参加者全員に文書にて通知。

面接会場:十日町市役所本庁舎または拠点施設

面接官:総務部長、企画政策課長、拠点担当の責任者、管理事業者(予定業者)

※面接選考のために必要な交通費等は、応募者(個人)の負担とする。

 

内定後の流れ

  1. 委嘱日1か月前まで内定した地区の世話役との面談・住居の確認 ※委嘱予定者に1回分の往復旅費を支給
  2. 委嘱前日まで内定した地区への引っ越し・転出転入手続き
  3. 委嘱日委嘱状交付式

 

問合せ・応募先

〒948-8501
新潟県十日町市千歳町3丁目3番地
十日町市役所企画政策課 協働推進係
電話:025-757-3693(直通)
E-mail:t-kikaku@city.tokamachi.lg.jp

 

関連記事