お知らせ

十日町市の出来事や暮らしの情報

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 十日町市の暮らし
  4. 十日町市児童センター「めごらんど」をご紹介!

十日町市児童センター「めごらんど」をご紹介!

十日町市児童センターが2019年8月にオープンしました。

子どもたちと保護者の皆さんが一緒に楽しめる、待ち望まれた施設です。

施設利用ガイド

開館時間

午前9時~午後5時45分(屋内運動場などは午前10時~午後9時30分)
※屋内運動場などの午後5時45分以降の利用は団体に限り、事前予約が必要です。

利用対象

18歳未満の児童およびその保護者、児童福祉の増進に関係する個人または団体
※小学生以下は保護者同伴で利用してください。ただし、小学校3年生以上が2人以上で利用するときは、同伴不要とします。

使用料

無料

休館日

毎週木曜日、年末年始(12月29日~翌年1月3日)

駐車場

58台駐車可能

構造

鉄骨造一部2階建て(延べ床面積1519平方メートル)

施設概要

あそび広場

【面積】

379.1平方メートル

【利用可能時間帯】

午前9時~午後5時45分/年中~小学生

【特徴】

巨大なチューブスライダーを備えた大型複合木製遊具のほか、エアキャッスル・サイバーホイール・ボールプールなどで思い切り遊べます。

うんどう広場

【面積】

352.7平方メートル

【利用可能時間帯】

午前10時~午後5時45分/小学生~高校生

午後5時45分~9時30分/子ども会などの団体のみ

【特徴】

バドミントンコート2面分の広さです。

昼間は小学生と中高生のエリアを分けます。

バドミントンや卓球の用具も用意します。

こうりゅう広場

【面積】

58.5平方メートル

【利用可能時間帯】

午前9時~午後5時45分

【主な利用対象】

誰でも可

【特徴】

あそび広場やうんどう広場が見渡せます。畳敷きで座卓を配置し、飲食もできます。

ちびっこ広場

【面積】

62.9平方メートル

【利用可能時間帯】

午前9時~午後5時45分

【主な利用対象】

未就学児

【特徴】

積み木やブロックなど、比較的小さな遊具を配置します。

はいはい広場

【面積】

21.3平方メートル

【利用可能時間帯】

午前9時~午後5時45分

【主な利用対象】

乳児

【特徴】

授乳ほかおむつ替えのスペースのほか、図書スペースもあります。

施設の利用方法

利用できる人

児童センターは児童福祉法で規定する児童厚生施設であり、同法で次のとおり利用対象者が決められています。
●満18歳まで(高校生含む)の児童、およびその保護者
●児童の福祉増進に関する個人または子ども会などの団体

利用方法

●個人=初めに利用登録申請書を記入し、センターに提出してください。利用カードが交付されますので、以降は入館のとき、利用カードを提示し、利用簿に必要事項を記入してください。

※小学生以下は保護者同伴が必要。ただし、小学校3年生以上は2人以上のグループであれば児童のみでも利用可

●団体=利用日の7日前までに、利用申請書をセンターに提出してください。午後5時45分以降の利用は、センターへ問い合わせてください
※利用は市内の団体に限る。また、利用時期・時間帯などに制限がある部屋あり

利用上の留意事項

●センターに「一時預かり」の機能はありません

●大きい遊具もあるので、徳に保護者の同伴が必要な児童は保護者責任の下で、児童の体力に合った遊具で安全に楽しんでください

施設愛称について

2019年3月に施設の愛称を募集したところ、725通の応募がありました。

これらについて、ほかに同じ名称の施設がないか、また著作権の問題はないかなどを調査し、その後一次審査、そして子ども子育て会議委員による投票を経て、樋口美香さん(中屋敷)応募の「めごらんど」を最優秀賞とし、愛称に決定しました。

言葉の響きが柔らかく親しみやすいことと、「めご」という言葉から児童センターのメインとなる利用対象(4歳児から小学生まで)をイメージしやすいことなどが、選定理由です。

関連記事